スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

3週間

祈りっていうのは対象のためじゃなく、とことん、自分のためのものなんだなー。
身も蓋もない言い方をすれば気休めなんだけど、その気休めがどれほど大切かっていう。そんなこと考えながら折り鶴を作り続けてる。だいぶ助かるよ。

at 18:25, ah1123, -

comments(0), trackbacks(0), - -

なんだっけ

普通、って、なにをもって普通なの?みたいな感じで突っ掛かりたくなるけど、実体のあるものではなくて
「こうしておけば波風立たないっすね」みたいな判断やふるまいが出来ることを普通とかって言ったりするのかなと。
いやーまた私のつたない言葉にすると限定的な感じしちゃうな。

でもまあ「普通」があり、便利で上手くできてるんだな社会は、世界は。とおもってる、いい意味で。
相手を極端に落胆させたり怒らせたりしないように、まあしかたないか、普通こうなるよな、くらいのところで抑えていただくために。
つまんない、くだらない、がっかりだと思う人もいるでしょうけど今の私は生活としてはなるべく普通の人たちの中でいたい。普通じゃないのはパッケージになった商品だけでいいわ。傷つきたくないもの、あたりまえじゃんか。
ていうかそんなこと思ってても普通なんてものはないから、普通じゃない人に傷つけられたり普通じゃない私が人を傷つけてしまったりしてるんだから。

譲れないところは譲らなくていいけど、まあまあうまいこと相手に死んでもらい自分も殺していきましょう。

はー。

at 00:37, ah1123, -

comments(0), trackbacks(0), - -

個展したことで、する前・しながら・した後、たくさんいろいろ考えた。

エネルギーも使うけど、見えた事見えそうな事感じた事わかった事変わった事などなどあり、ほんとに良かった。
てゆか、普段エネルギー使わなすぎなのではと思った。

かなり保守的にやったけど、それでもこれだけ得たわけで、目に見えるものじゃないけど、持ってたもの思い出しただけのもあるけど、それでも。

差し出すからこそ得られるものがあるという。

やりたいことをやったから、見る人に対して無責任だからこそやれた自己満足で、それはべつになんにも悪くないから良いと思った。
てゆかやるまでは見る人のことなどなんも考えてなかったんだなと気づいた。そのへんはほんと馬鹿。
もっとできればなあとは思うけど、無理やり背伸びはするもんじゃないし(傷つく必要はないし)。
んー、あー、これ系は書けば書くほど言い訳そして自己嫌悪になるからやめようぞ。

でもまあそれでも自分のやった個展は心から肯定できる、本当に、それは、良かった。

きてくれた人たちにお礼を言いたいけど、どんな形がいいのかな、もう、間があいてしまったけども。


実家に戻り無職そして事務職で心を殺して(殺したくて殺して)それも楽しくてやってたけど、やはり働き始めてちょうど1年くらいで炸裂した。
私の多面性、
どれもとくに偽ってなくて、それがおもしろい。

結局私がやれば何もかも私らしい。
あの子に鼻で笑われても自信が崩れないくらいになりたい、もうすこし。
呪われたくないもの。



at 10:40, ah1123, -

comments(0), trackbacks(0), - -

U^ェ^U

ともだちにかりたハチミツとクローバー、とても面白かった。



こないだアフターダークを読み返して、渋谷のことを思った。
渋谷。
一晩渋谷に居てみたい、なにもおこらなくても。明け方の空気を吸いたい、と思った。




友達が遊びに来て、足利美術館の石田徹也と、館林美術館の山口晃をみた。
良かった。




あと最近なにしてたっけ。



あー、京都のFOILでミッシェルの写真みた。最高だったな。日帰りでした。
夜行バスまで見た映画、地獄でなぜ悪いも最高だった。



9月はふたつ音楽フェス行った。



振り返り始めるとキリがない。
もうブログなんて書くことないと思っていたのだが。



at 21:56, ah1123, -

comments(0), trackbacks(0), - -







at 21:25, ah1123, -

comments(0), trackbacks(0), - -

 さいしょ「えっ?」って思って。それは勝手に想像してたものと違ったからだけな訳なんだけど。
あと自分のモードがさ、なんか、そんなカラッと晴れた感じじゃなかったのかな、って、今思えば。
んで、それでもきいてて、馴染むことは馴染む訳よ。それでもまだガチッとハマるとこまでいかなくて。

まぁそのまま、ライブ。
でもこれがもうめちゃくちゃ良くて。
アルバムきいてた時も、これはイヤフォンとかよりもスピーカーで空気を振るわせてきく方が良いなぁとは感じてて。
やっぱ会場で、でっかい音で、ドーンと演ってもらって、ねえ、最高だったんだよね。

こんな言い方アレだけど、おじさんのひらきなおりですか、それがライブだと私素直に受け入れられちゃって。
だってさ、すげーいいんだもん、演奏。空気。
心の底からめちゃくちゃ楽しくて、それはやっぱり楽しいだけじゃなくていままで酸いも苦いも、そーゆーのがあって今バーン!みたいな説得力ももちろんあって。

あーちがう、こんなん言えば言うほど伝わらない感じもするんだけど。あー。

あれ体験したあとにアルバムきくとこれまた私素直になっちゃって。
「あ、そのままの意味でいいのね」って、安心しちゃって。

at 07:41, ah1123, -

comments(0), trackbacks(0), - -

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 読み終えた。

読み始めるとやっぱり面白くって、この人の本が好きだなあと感じた。




GRAPEVINEもアルバムが出る。
先行のシングルとかリード曲みたいなのとか、すごくよいので楽しみである。
ツアーのチケットも買ってある。楽しみである。




村上春樹とGRAPEVINEがすき、とかがプロフィールに書かれた人とか絶対面倒くさいだろ。。
とおもって自分だったらフォローしないだろうなとかを思ってニヤニヤしてる、最近。




言葉にならないもののこととか考えてる。



ーーー


せんじつ、東京の友達マキさんが地元まで遊びにきてくれた。

どんなものが喜ばれるのかよくわからなくてうまく案内できなかった気がするなぁとか思ってしまったけど、
楽しかったと言われて安心した。

マキさんが帰ってしまったあとさみしかった。

改めて考えると、なんか不思議な感じする、東京じゃないのにマキさんと居たこと。


ーーー


新緑が陽光に美しくて、生命力。と思い三脚背負って散歩。
いつもの通勤路、徒歩では行かない場所へ。気になってた鳥居とか。

街の中でも好きなゾーンがわかってきた。





at 22:25, ah1123, -

comments(0), trackbacks(0), - -

実家に戻り、免許取得し、職について三ヶ月。
落ち着いて仕事にも慣れてきて、生活のサイクルが落ち着いた。ここで、やっとまた物足りないという気持ちになってきた。

そろそろはじめよう、なにか。

まだふつふつとしてるだけだ、動き方がわからない。
考えよう。
形が見えそうな感じする、そしたら動こう。


おとなになって、経験もつんで、頭でものを考える事が増えた。
ちいさくなってる衝動、それでも今なりの形になる。

at 23:39, ah1123, -

comments(0), trackbacks(0), - -

メモ

10年前(たぶん)にノルウェイの森を読んでなかったら、いま何を考えてたろうと思う。
大筋の行動はあんまり変わらなかったかもしれないけど、考え方とかは違うような。

と書いてるうちに、読んでいなかったとしても違う何かから違う何かを汲み取って、なんだか変わらずに生きてる気もしてきた。

at 00:01, ah1123, -

comments(0), trackbacks(0), - -

霧と靄と霞の区別なんて

遠い太鼓から、やがて哀しき外国語。


---


 言葉にならないというか、したくないというか。

あとで振り返った時に、あの時なに考えてたっけ?なにしてたっけ?
ってなるな。きっと。

霞のような想い、まとめればそれなりの色にはなりそうだけど、
言葉の枠にはめるのももったいないような、この淡さが良いのだということにしてる。




良しとしていた変化についてもう一度考える。
いろいろ思うので、どんどん漠然として、淡くなっていく。

at 08:33, ah1123, -

comments(0), trackbacks(0), - -